関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


7月1日
青年部のページを更新しました。
7月1日
今月のエッセイに、木村オサムさんの「題詠とドリフ」を掲載しました。
6月26日
会員の著作に、西谷剛周さんの句集『酔いどれ』と半夜俳句会の『半夜版歳時記例句集』を掲載しました。

>>その他新着情報


2022年7月のエッセイ

題詠とドリフ

木村オサム

 一昨年志村けんさんがコロナで亡くなられた後、懐かしさもあり、時折けんさんが所属していたドリフターズ(以下ドリフ)の過去のコントを観た。
 そこで思ったことがある。 俳句における題詠の創作過程と、ドリフのコントの展開はどこか似ているのではないか。

 ドリフの王道コントは、同じシチュエーションで、連続的に展開される。リーダーのいかりや長介の前で、メンバーが一人ずつ現れ、意外なことをやってのけて、いかりや長介を困惑させたり、呆れさせたりしていく。
 メンバーの現れる順番はほぼ決まっており、高木ブー→仲本工事→加藤茶→志村けんというのが基本パターンだ。

 例えば、ある家の居間に一人で座っていると、天井から頭に何かが落ちてくるというコントではこんな感じだ。

① 高木ブー…天井から蛇が落ちて来る。
② 仲本工事…天井から金盥が落ちて来る。
③ 加藤 茶…天上から花びらが落ちて来る。
④ 志村けん…天上から本物の志村けんが落ちて来る。(居間に座っていたのは実は志村けんを模した人形で、本物が天井から座った姿勢で落ちて来る)

 各パターンを少し分析すると三つの事が言える。
 まず、①→②→③→④の順で意外性が増す。
 次に、①②→③の間に外しがある(蛇、金盥と来たら、次はもっと危険なもの、怖いものが落ちて来ると思わせておいて、逆転の発想で花びらという優しいものが降って来る)。
 最後に、④はそれまでのパターンを離れ、考えもつかないような、思い切りナンセンスな展開になる。

 さて、俳句において、題詠が課された時に、我々は、題(季語でも非季語でも良い)に対して色々な展開を考えて句を作ってゆく。
 最初の内は、題から連想される一般的な連想からなかなか離れられない(高木ブー段階)。
 しばらく考え続けると、ちょっと意外性のある展開を思いつく(仲本工事段階)。
 更に考え続けると、題とは一見無関係だが、かすかにつながりが感じられるような展開を思いつく(加藤茶段階)。
 ここで、ちょっと間をおいて、肩の力を抜いて考えると、理屈を離れ、新しいつながりを感じさせる展開がふっと浮かぶことが稀にある。(志村けん段階)。

 題詠というのは、俳句的思考を広げ、柔軟にしてゆくトレーニングの一つとも言える。 やはり、与えられた題に対して多くの句を作っては捨てることがトレーニングの基本となるだろう。
 加えて、自分の身の回りのことは元より、世界の森羅万象に目を向け、更には、様々な文芸、演劇、映像などからの刺激を受けることも大切だろう。
 そうして、無意識からふっと新しい表現が生まれてくるのを常に待ち続ける事が重要だ。

 私自身、題詠の際、ドリフのコントで言うなら、高木ブーから仲本工事ぐらいまでで考えるのをやめてしまうことが多い。よくがんばって加藤茶だ。
 だが、これからの現代俳句はやはり、志村けんまで登場させたいものだ。そして、いかりや長介に心底から「だめだこりゃ…」と言わせるような句をものにしたいものだ。

(以上)

◆「題詠とドリフ」:木村オサム(きむら・おさむ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2022年

タイトル 作 者
6月 実況アナ、レース出るってよ 稲野一美
5月 わたしの体、わたしの血 池田奈加
4月 薪ストーブサウナの歓び 岡村知昭
3月 安満遺跡公園 星野早苗
2月 あの頃 赤窄 結
1月 コロナ禍の中で 高橋将夫

◆2021年

タイトル 作 者
12月 ふる里の「男爵いも」 宮武孝幸
11月 季語の周辺 津野洋子
10月 澪とワタシ とよだ澪
9月 峰定寺と日本一の花脊の杉 仲井タミ江
8月 だまし絵としての「第二芸術」 鈴木ひさし
7月 僕と俳句 西田唯士
6月 今後 横井来季
5月 北国の春 音羽和俊
4月 屋根と花 小西雅子
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年