関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


11月23日
会員の著作に、宮武孝幸さん宮武悦子さんの句集『樺皮』と廣川孝彦さんの句集『傘寿』を掲載しました。
11月10日
青年部のページに関西現代俳句協会青年部主催オンライン勉強会「昭和初期ホトトギス作家たちの「写生」~大橋桜坡子、後藤夜半~」のお知らせを掲載しました。
11月10日
かみがた通信句会選句を発表しました。

>>その他新着情報


2021年11月のエッセイ

季語の周辺

津野洋子

神迎え

 私共の町内に「やすらい祭」といふ奇祭で有名な今宮神社がある。毎年11月1日は神迎えで賑はう。まだ明けきらぬ午前5時頃から戸外にはざわざわと人の気配がし始める。

 私も其の日は早く起きて出掛けるのだ。神様をお迎えするべく参道は掃き清められ水も打ってある。境内には百にも余る灯明が早朝の風に揺れてをり其のゆらめきで神様は今お還りになったのだと納得する。

 祢宜も巫女も準備に余念がない。お詣りの人々も1ケ月の神様の留守が終ったので安堵してゐるやうである。私も神前に進んで掌を合せる。考へて見ると欧米の人達はどんな場所でもすぐ祈りを捧げる。オリンピックでも競技の直前に十字を切ってゐる姿をよく見る。神と共にあるという思ひが徹底しているのであらう。

 私は神前で遠い昔、私達夫婦の挙式もこの神前であったことを思い出していた。もちろんその頃は俳句とは御縁がなく「神無月」も「神在月」も知らず偶たま神様の在ます11月3日を選んだだけのことで、来し方をふり返り無事に長寿をいただいていることに感謝すばかりである。

 帰り道は門前のあぶり餅の店でお茶をいただく。この茶店は嘉永の頃から続いている老舗で京都の観光ポスターにも再々登場する美しい媼がとり仕切っている。お詣りが殖えたことを店の人も喜んでいるやうだ。
「ほんまに達者に働かしてもろて神さんのお陰どす」とはこの媼の口癖である。

 私も子供達のお宮詣、孫達の受験祈願と随分お世話になったものだ。それも苦しい時の神頼みばかりであったやうで申し訳ないやうな気がする。

  

石蕗の花

    南國の石蕗の黄色のあたたかく    高橋淡路女

 毎年11月になるとある友達が煎茶のお茶席に誘って下さる。売茶本流のお家元雲祥寺である。このお茶会は、本席のお煎茶はもちろん結構なのだが、副席の塩茶手前が楽しみなのである。本席とは異なりぐっとくだけた雰囲気で見事に紅葉したお庭を前に広いお座敷での手前である。

 しかしくだけているとは申せ誰も正客になるのは好まない。ある年お互いに譲り合っていてとうとう大学教授のある男性に押しつけてしまった。

 この時に頂くお菓子は熱つあつの酒饅頭でこれが塩茶とよく合ふ。塩茶手前というのは焙じ茶に少し塩を入れて特別の茶筅で点てるお茶である。塩茶と云っても塩味はあるかなし少しおおぶりの茶碗でいただく。

 正客の教授は「誠に無調法で」とおっしゃりながらお役目を果して下さった。日頃忙しい主婦にはこんなひとときがとても嬉しい。庭の石蕗の花の黄色があざやかであった。

 私にとって京都は四季の美しい郷である。ここで俳句のある生活が出来るのも良き師にめぐり合ったお陰である。感謝をしつつこれからもひろく季語を見つけ、自然のうつろいを詠むことができれば幸である。

(以上)

◆「季語の周辺」:津野洋子(つの・ようこ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2021年

タイトル 作 者
10月 澪とワタシ とよだ澪
9月 峰定寺と日本一の花脊の杉 仲井タミ江
8月 だまし絵としての「第二芸術」 鈴木ひさし
7月 僕と俳句 西田唯士
6月 今後 横井来季
5月 北国の春 音羽和俊
4月 屋根と花 小西雅子
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年