関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


8月8日
10月9日(日)の大津吟行の申込締切を変更しました。
8月1日
青年部のページを更新しました。
8月1日
今月のエッセイに、今村タケシさんの「初夏の早朝の散歩あるいは仮想空間のある風景」を掲載しました。

>>その他新着情報


2022年8月のエッセイ

初夏の早朝の散歩あるいは仮想空間のある風景

今村タケシ

 私が知るのは伊丹市から池田市へ掛けての部分だけであるが、猪名川(兵庫県と大阪府の県境を流れる川)の河原には延々と幅4mほどの遊歩道が続いている。いや、遊歩道なのか、何かの作業用の道路なのかよくわからない。そこいらには大阪国際空港関連の照明施設が点々とあり、そのメンテナンス用の道路のような感じもする。緑の生い茂る河原を延々とコンクリート製の白い道が続いているのである。何かの施設や交通機関の駅につながっているわけではない。車・・・少なくとも一般車両は進入できない。ウオーキング、ランニング、サイクリングの人が時折通るだけである。

 途中で忽然と点在する古びたベンチ群が現れたりするほかは、人工物は白い道路とひとつの水門くらいである。河原であるから、建物や背の高い樹木は見当たらない。空と猪名川、河原の緑、そして白い道だけの世界である。また、このあたりで箕面川が猪名川に合流している。箕面川とは、箕面の滝からの流れであるが、伊丹市に入るあたりで伏流水となり、実際に川として流れていることの方が少ない。通常は水無川で賽の河原的様相である。

 5月の早朝に、この道を歩いていて奇妙な体験をした。視界には眼前の白い道が続く。普段は何とも思わないのであるが、鳥のさえずりが聞こえてきて、それが何か空間を覆うような気がした。マスクをつけて眼鏡をかけているものだから、潜水してゴーグルの中から風景を見るような錯覚がする。現実感が失せてしまう。足が地に着かない。周囲から完全に隔絶した存在としてスクリーンを眺めているようだ。あるいは、顔だけになって、白い道を追いかけて、ぐんぐん飛んでいくような錯覚がおきる。

    人魂で行く気散じや夏野原      北斎

 人魂になったわけではないが、自分を取り巻く世界とは異質なものになって、その世界を眺めているような気分である。さえずりのトンネルが消え、真向いから差し込む朝日の一撃をもらうまで、この感覚は続いた。私はスピリチュアル系への興味は全くなく、この経験は「不思議な感じだった」だけのことであり、おそらく脳に騙されたのであろう。

 ただ、妙なことを連想した。ゴーグルから見える仮想空間である。私たちが、今見ているものが、本当のリアルなのかという疑問を抱く時代が近づいている。つまり「荘子胡蝶の夢を見る。荘子が胡蝶か、胡蝶が荘子か。」といった感じだ。世界のどこかで、知らない誰かが進めている「メタバース」。それが何なのか?わかっているわけではないが、複数の自己を同時に生きる層状の世界を想像する。その基底には、もちろん「現実」があるのだが、複数のアバター(自分の分身となるキャラクター)が活躍する別の層でも我々は生きているのである。そういった時代がそばまでやってきているように思う。

 「現実」の世界は総体的にディストピアであるが、ささやかなわれわれのアバター生活・・・仮想空間には幸福を求められるという悲しい予感もする。あまりにペシミスティックな予感かもしれないが、何やら動悸が残る連想であった。

 初夏の早朝の散歩は、とんでもないところまで来てしまった。

(以上)

◆「初夏の早朝の散歩あるいは仮想空間のある風景」
:今村タケシ(いまむら・たけし)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2022年

タイトル 作 者
7月 題詠とドリフ 木村オサム
6月 実況アナ、レース出るってよ 稲野一美
5月 わたしの体、わたしの血 池田奈加
4月 薪ストーブサウナの歓び 岡村知昭
3月 安満遺跡公園 星野早苗
2月 あの頃 赤窄 結
1月 コロナ禍の中で 高橋将夫

◆2021年

タイトル 作 者
12月 ふる里の「男爵いも」 宮武孝幸
11月 季語の周辺 津野洋子
10月 澪とワタシ とよだ澪
9月 峰定寺と日本一の花脊の杉 仲井タミ江
8月 だまし絵としての「第二芸術」 鈴木ひさし
7月 僕と俳句 西田唯士
6月 今後 横井来季
5月 北国の春 音羽和俊
4月 屋根と花 小西雅子
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年