関西現代俳句協会

■2019年12月 青年部連載エッセイ

世界俳句(9)
夢見る俳句(5)

堀田季何


 世界俳句協会の創立20周年を記念した「世界俳句コンファレンス」が今年9月14、15日に東京で開かれた。同協会が世界各地で2年に1回開催している大会の10回目である。報道によれば、スロベニアでの創立大会には11カ国62人が参加し、19年後の今回は18カ国214人が参加した。アジアからは中国(内モンゴル含む)、ネパール、タジキスタン、マレーシア、ベトナム、アフリカからはシリア、イラク、モロッコの俳人が参加した。回によって参加国に変動はあるが、これまで五大陸すべてをカバーしていて、ここまで「世界」的な詩祭は日本では他にない(しかも俳句オンリーの詩祭なのだ!)。

 同協会は、言語によって世界中の人間が分断され、しかも翻訳に完璧がないという事実を踏まえながらも、同協会は「俳句を世界で共有するよううながすために、すべての言語での俳句創作と俳句翻訳の実践を促進すること」を使命の一つとしてきた。毎年『世界俳句』という優れた多言語俳句アンソロジーも発行している。今年3月に発売されたものは15冊目になり、51ヶ国 174人による39言語の503句が収められている。「国際」や「世界」を謳った団体や企画でも、実際は数カ国や数言語しか対応できていない場合が多いが、世界俳句協会は見事に「世界」という名前を関するに相応しい協会だと思う。確かに、世界の大きさに比べれば、世界の俳句人口に比べれば、規模はまだ小さいが、俳句史に、そして世界の詩歌史に種はしっかりと蒔かれた。芽も出てきたところである。少し遠い未来かもしれないが、世界俳句協会が始めた活動はその後継者たちによっていつかバニアンの大樹になるはずだ。

 同協会がこれらの実績を上げることができたのは、偏に夏石番矢理事長の情熱と血と涙と汗による(彼をサポートとする人間たちの情熱と血と涙と汗もあるが)。諸事情により日本の俳壇とは距離を置いているし、人間については敵味方から色々と毀誉褒貶があるらしいが、世界俳句協会の活動、世界俳句の理論構築、世界俳句の実作の三本柱を中心とした彼の仕事は決して無視できない。すでに恩恵に浴している俳人や詩人は世界各国に何千といる。筆者もその一人であり、(たぶん長生きするであろう)彼の死後には彼の業績を客観的に評価した本を記そうと思っている。筆者は以前「中途半端に終わる」と夏石番矢に「予言」され、藤田湘子の「孫弟子にいたっては問題外」として「泡の子は泡より泡かつむじ風」という句を彼からおくられた人間だが、その「泡の子」が勝手に書く泡のような文章を彼は泉下でたぶん気になんてしないだろう(焼け石に水、夏石に泡)。なお、筆者は知っている限りの夏石番矢評を日本語や英語で読んでみたが、敵も味方も色眼鏡で彼を見ていて、きちんと彼の業績を評価できていない。賞賛すべきポイントをまったく解らずに間違えたポイントを賞賛してしまっている論も多い。これは彼にとっても世界俳句にとっても非常に不幸な事だと思う。

 そして、もう一つ不幸な事がある。国内の他協会についても言えるが、協会主要役員の高齢化である。協会のコアとして大会開催に動いている日本人メンバーは何年間も殆ど変わっていない。夏石番矢、鎌倉佐弓、石倉秀樹、清水国治といったコアメンバーの次の世代は育っているのか。特に、夏石番矢の才能と人脈は代替が利くとは思えず、「吟遊」代表ならまだしも、世界俳句協会理事長になれる人物は思い浮かばない。理事長の身に突然何かあったらどうするのだ。こういう指摘をするのは余計なお世話だと思うが、世界俳句協会という芽が大樹になる事を願っている俳人は世界で決して少なくない。同協会を去る事になった筆者でさえ、同協会の活動は常に注視しているし、その発展と繁栄を祈っているのだ。もちろん、「泡の子」である筆者は二度と同協会に関わる気はしないし、「中途半端」な世界俳句を石鹸の泡のようにたくさん撒き散らし、読者たちとの泡のような刹那の邂逅を喜び、泡のように消え去るつもりなので、完全に他人事である。どうせ夏石番矢は泡のような本文を気にするような狭量な人間ではないだろう。

 さて、ずいぶんとセンチメンタルな文章になってしまったので、お詫びにブルガリアの詩人アレクサンドラ・イヴォイロワによる俳句を紹介したい。

    Pain.
    in it
    the infinity
    痛み/そのなかに/無限

 『世界俳句2005 第1号』所収の一句。世界俳句コンファレンスの基調講演で夏石番矢も引いていた俳句だが、極めて単純で極めて深い。5つの単語だけなのに、i(y)/n/t(基本的にはinとit)で押韻することで統一性を持たせていて、さらに短く感じられるようになっている。その短さの中で、痛みがブラックホールとホワイトホールを兼ねていて無限がそこに内在している。ただの「infinity」でなく「the infinity」としているところもポイントである。この句が内含している事はそれこそ無限に近く、文章にはできない。俳句だからこそ、あまりにも短くて何も言っているように見えない俳句だからこそ無限の長さの事を言い得ているように思う。そもそも、「Pain」と「inifinity」という抽象度の高い単語だけで上滑りしないのは、句が短いからであり、短いからこそ単語がキーワードとして発動し、読者の連想を次々に誘発されるからである。短歌でも長すぎてしまうのだ。

 結論。毎年出る『世界俳句』は買いです。和製英語で言えばマストバイです。

◆「世界俳句(9) 夢見る俳句(5)」:
堀田季何(ほった・きか)◆

▲関西現代俳句協会青年部過去掲載ページへ

▲関西現代俳句協会青年部トップページへ