関西現代俳句協会
 風樹(ふうじゅ)
主宰 豊長みのる
師系 山口草堂(南風)
理念
 ■〝俳句は一粒の真珠である〟みのる
 ■俳句は行きゆく人間の哀歓のまことを17音詩として目指す。
 ■一期一会・生きる証を理念とする。
俳誌
 ■創刊年月日 1986年(昭和61)1月1日
 ■月刊 通巻301号(2011年1月現在)
 ■編集人 平田繭子
発行所(問合せ先)
 ■発行人 豊長みのる
 ■発行所 風樹俳句会 豊長みのる方
 ■住所 〒560-0021 豊中市本町4-8-25
 ■電話・FAX 電話:06-6857-3570 FAX:06-6857-3590
会費
 ■同人費 年額:24,000円(同人費、同人会費を含む)
 ■誌代 一ヶ年:18,000円 半年:9,000円
 ■見本誌 1,000円
最近の行事、記念誌
 ■風樹創刊25周年記念大会:2009年(平成21)、於宝塚ホテル
 ■風樹歳時記 春・夏号 秋・冬号
 ■風樹創刊300号記念大冊
主な句会・吟行
名称 日時 場所
 ■例会 毎月10日(午後1時) 豊中大池コミュニティー
 ■嫩葉句会 毎月第3月曜日(午後1時) 豊中市公民館
 ■柴原句会 毎月第4月曜日(午前9時) 豊中柴原老人会館
 ■俳句クラブ-風- 毎月第3木曜日(午後1時) 精華小学校(難波)
 ■作る会 毎月第3土曜日(午後1時) 豊中市コラボ
 ■千里泉の会 毎月第3火曜日(午後1時) 吹田市青山台
 ■中央吟行 毎月 各地へ
諸家近詠
 ■雲の峰おもてを上げて歩むべし 豊長 みのる
 ■冷まじやオリオンの剣にぶく照り 平田 繭子
 ■冬の雲嶺に垂れたり神隠れ 豊長 哲也
 ■雪はげし津軽三味線ジャズ 古藤 みづ絵
 ■初明り硯の海に筆浸し 城  ちはる
 ■流星や砂丘は闇に横たはり 梓  真弓
 ■枯野星子の呼ぶこゑに振り返り 小谷 紫乃
 ■冬の蚊や釈迦を弔ふ泣き羅漢 汀  菜美
 ■無名庵芭蕉若葉に日の透けて 中村 みづ穂
 ■麦秋や野良着は乳の香をのこし 藤原 み雪
 ■聖母月ルルドの泉あふれをり 松本  茜
 ■冬椿女人恋塚影あはし やまさき千草
 ■冬桜銀いろの雲天に張り いずみ 愛
 ■軒低き芭蕉生家よ夏落葉 渚  絵里
 ■天心の月しらしらと寒曝し はるか 碧
 ■ひと去ると虫のこゑ湧く夕河原 荒川 幸恵
 ■霜柱欠け鍬畑に忘られあり みぞうえ綾
 ■枯るる葉の葉脈透ける小春かな とよなが夕美
 ■大綿や誕生仏は右手を上げ 美浜  優
 ■山門の阿吽立像山眠る 刈田 きく絵