関西現代俳句協会

■創刊理念

現代を見据え、新しい時代に向って、一人ひとりの個性を大切にし、俳句の研鑚を通じて、文学運動を推進する。

■会員構成(同人、五十音順)

(代表)森田智子 (編集長)高橋弘

井口昌子、井上安子、えいもとかん、大谷章二、加藤貞子、栗田日出子、坂口準一、佐久間貞史、佐古澄江、徳弘喜子、中井之夫、中川秀司、西順子、花森こま、堀之内勝衣、三木基史、光吉高子、村田まさる、油津雨休、脇りつ子

■俳誌について

2000年9月創刊・A5判・約40頁  隔月刊

■句会について

大阪では毎月2回の定例句会を開催。30代から80代まで幅広い年齢層が参加し男女比もほぼ同じ。超結社の句会という特徴から会員以外の参加者もあり、毎回熱い議論が交わされている。2007年より、岡山の鏡野町でも定期的に句会が開催されている。

(大阪句会)毎月第1日曜日、第3土曜日 東大阪市民会館

(鏡野句会)年4回毎季 鏡野町町民センター

■発行所・連絡先

〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町2-28-18高橋方 「樫俳句会」

TEL&FAX06-6623-8896