関西現代俳句協会
 渦(うず)
主宰 赤尾恵以
◆師系 赤尾兜子
理念
 ■俳句の真情を大切に、各自の個性を活かしていきたい。
俳誌
 ■創刊年月日 1960年(昭和35)10月
 ■月刊 通巻482号(2011年2月現在)
 ■編集部 西村逸朗、大盛和美
編集部
 ■担当者 大盛和美
 ■住所 〒530-0002 大阪市北区曾根崎新地1-6-26
 ■電話・FAX 電話:06-6341-2645 FAX:同左
発行所
 ■発行人 赤尾恵以
 ■発行所 赤尾恵以方。兜子館。
 ■住所 〒658-0065 神戸市東灘区御影山手1-13-4
問合せ先
 ■担当者 降旗幸子 (会計・入会申込受付)
 ■住所 〒533-0005 大阪市東淀川区瑞光3-8-23
 ■電話・FAX 電話:06-6325-4194 FAX:同左
会費 (いずれも 前納である。 会計 降旗まで。)
 ■入会費 1,000円
 ■会員費 1,000円(1ヶ月)、 6,000円(半年)
 ■同人費 2,800円(1ヶ月)、16,800円(半年)
 ■誌友 5,400円(半年)
 ■見本誌 800円(1冊)
最近の行事、記念誌
 ■2010年(平成22年)10月に、創立50周年記念大会を神戸生田神社会館にて終了している。
 ■記念誌は平成23年2月号、№482号にて発表。発行期日、平成23年1月28日。
主な句会
名称  日時 場所
 ■御影発行所句会 第2日曜(PM1:30) ギャラリー兜子館
 ■さわらび句会 第3月曜(PM1:30) ギャラリー兜子館
 ■ねむの会 第2金曜(PM1:30) ギャラリー兜子館
 ■坂の句会 第1日曜(PM1:30) ギャラリー兜子館
 ■からたち句会 第1木曜(PM1:30) ギャラリー兜子館
 ■むつみ句会 第3土曜(PM1:00) 京都大山崎 ふるさとセンター
 ■朝日カルチャー教室 第4火曜(PM3:15) 大阪新サンケイビル5F
                  以上、主宰 赤尾恵以 指導
 ■宝塚風蘭句会 第2水曜(PM1:30) 宝塚逆瀬川公民館2F
 ■岡山句会 第1月曜(PM1:00) 岡山駅前郵便局2F
                  以上、西村逸朗 指導
 ■大津句会 第2木曜(PM1:30) 明日都浜大津
 ■無名会 第2土曜(PM1:00) 明日都浜大津
 ■へちま倶楽部 月1回(PM7:30) 宍粟市 波賀町民センター
 ■姫路しらさぎ句会 第1土曜(PM1:30) 姫路市 城乾公民館2F
 ■東京花柚子句会 年3、4回 小石川後楽園 涵徳亭
諸家近詠
 ■少々の五欲は捨てず薔薇を抱き 赤尾 恵以
 ■雲の意に添わぬ足どり草ちちろ 大路 彦堂
 ■夭折も大いなる愛小春空 大盛 和美
 ■鍛冶小屋をくぐる幾世の山清水 茨木 晶子
 ■玉砂利の踏みならされて三日暮る 安黒 義郎
 ■鬼女舞えば秋潮返す船踊 梅木由紀美
 ■玉葱吊る大きな家に母ひとり 大角 泰子
 ■宇宙より人ごゑとどく松の内 岡本 卿子
 ■猪垣のくねりつ続く谷の村 岡本 喜子
 ■抱へ来し丸大根に会釈かな 小山田真里子
 ■登るほど空青くなる梅の花 寿賀 義治
 ■サングラス声まで変へてパリを往く 中本 郷顔
 ■どの路地も行止りらし春の夢 仁志 一子
 ■洛中に口漱ぎゐし空也の忌 西村 逸朗
 ■無口なる子は濁声に合格す 降旗 幸子
 ■野の花の栞そのまま歎異鈔 平川  苞
 ■七彩の知恵の輪を編む女郎蜘蛛 松浦 礼子
 ■西瓜叩いて家族の顔のありどころ 山中 西放
 ■花を追ふ旅して風の千枚田 和邇 典子
 ■古簾わが屋の色となりゐたり 竹島 清歩