関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


10月1日
青年部のページを更新しました。
10月1日
今月のエッセイに、杉井真由美さんの「住めば都」を掲載しました。
9月1日
今月のエッセイに、江連彰子さんの「私の居場所」を掲載しました。

>>その他新着情報


2022年10月のエッセイ

「住めば都」

杉井真由美

 葛飾北斎は生涯に93回引越しをしたと言うが、日本人の平均引越し回数は2016年の人口移動調査によると3.04回だそうで、前回の1996年には3.12回なので少々減っているようだ。男女別で見ると、男性は3.06回、女性は3.03回で大きな差は見られない。引越しは北斎のように自ら望んで繰り返す場合もあるが、多くは人生の転機に伴うものであろう。

 私は京都市内に生まれ、父の転勤により小学校入学までに西宮市、尼崎市と2回の引越しを経験している。小学校入学以降は父が幾度か単身赴任を繰り返し、引越しによる転校を免れていた。住んでいたのは社宅と言う最近は少なくなった形態の住居で、先日近くに行く機会があり立ち寄ったが、阪神淡路大震災と長い年月の流れにより跡形もなく、その地には大型電気店が建っていた。

 大学生の時に京都市内に戻ってきたが、一人暮らしに憧れた私は通学可能だという親の反対で生活費の援助は受けずに、アルバイトをしながら大学近くで下宿住まいをした。卒業までの青春時代を謳歌したのであったが、母は相当心配していたようである。

 卒業後は京都に戻り、就職をして自宅通勤後、結婚をして家を出る事となった。どこに住むかは働き続ける上で重要なポイントであり、夫の勤務先は西宮市で中間地点の高槻市に住む事にした。(京都寄りなのは力関係か?)高槻市内で子供の成長に合わせて2回引越しをし、最後の引越しは私自身の単身赴任で舞鶴に。両隣等が海上保安庁の職員でなぜか心強く感じたが、東日本大震災の時に連絡を取る必要があって、携帯電話にかけたら、仙台沖だと言われて恐縮したものであった。雪掻きも経験し、雪国の生活の大変さを少々味わい、2年間の単身赴任を終えて高槻に戻ってきた。今後は今のところ転居の予定はないが、終の住処は老人ホームを選択するかもしれない。

 生涯の転居回数は近畿圏内という狭い範囲内ではあるが、既に10回となり、平均回数大きく上回っている。一方で「ふるさと」と言える地がないのは寂しい気もする。「田舎は~」と懐かしそうに語る人を羨ましくも感じる。そうは言っても振り返れば思い出が次々と甦り、当然良い思い出ばかりではないが、時々思い出の土地、人を訪ねると何故か懐かしく根無し草のような私にも「住めば都」と思えるのは幸せな事だと今は思っている。

 転居を繰り返した葛飾北斎は、転居が要因ではないにしても、その芸術性を高めていったが、平均回数を大きく上回る転居を経験した事により、作句の上で各地の風景、歴史等を振り返りつつ、自分の中で言葉を紡いでいけたら良いなと考えている。

(以上)

◆「住めば都」:杉井真由美(すぎい・まゆみ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2022年

タイトル 作 者
9月 私の居場所 江連彰子
8月 初夏の早朝の散歩あるいは仮想空間のある風景 今村タケシ
7月 題詠とドリフ 木村オサム
6月 実況アナ、レース出るってよ 稲野一美
5月 わたしの体、わたしの血 池田奈加
4月 薪ストーブサウナの歓び 岡村知昭
3月 安満遺跡公園 星野早苗
2月 あの頃 赤窄 結
1月 コロナ禍の中で 高橋将夫

◆2021年

タイトル 作 者
12月 ふる里の「男爵いも」 宮武孝幸
11月 季語の周辺 津野洋子
10月 澪とワタシ とよだ澪
9月 峰定寺と日本一の花脊の杉 仲井タミ江
8月 だまし絵としての「第二芸術」 鈴木ひさし
7月 僕と俳句 西田唯士
6月 今後 横井来季
5月 北国の春 音羽和俊
4月 屋根と花 小西雅子
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年