関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


9月12日
会員の著作に、桂凛火さんの『瑠璃蜥蜴』と森田智子さんの『今景』を掲載しました。
9月6日
会員の著作に、春山悦子さんの『櫻の國』を掲載しました。
9月1日
青年部のページを更新しました。

>>その他新着情報


2020年9月のエッセイ

夢ものがたり

三木星童

   

 俳句の魅力は韻律ではないかと思う。

 私の俳句は有季定型17韻、文語体表記、歴史的仮名遣であるが、韻律に重きを置いている。文語体は私にとって言葉の「ふるさと」を強く感じることと、先達の永い歴史と積み重ねてきたものに敬意を払うからである。その思いの底辺に芭蕉翁の言われた「不易流行」があり、又「温故知新」がある。

 1句の意は、その時代の現在を基に作者の心身から記すものである。1句の内容は、機会に恵まれて極めて自然に成るものもあれば、ある時は四苦八苦しても句意が定まらない時もあろう。それが生きている今の自分である。

 その時は「ままよ」と1句を成す時もある。読者の観賞や解釈に委ねることも俳句の特徴であり、作者にとっても大いに楽しみである。

 さて、私は17韻俳句の中でも、韻律のより短かく感じる方を好む傾向がある。あたかも作者の意が隠されていて、説明や叙述の匂がなく、読者に委ねられているかの1句が好みである。読者の「私」にとってより味わい深いものとなることが多い。

 先達の17韻以下の俳句、私の好きな一部を書き出してみたが、短い韻は俳句の魅力を果てしないものとしている。

 種田山頭火
  嵐の中の墓がある
  寝転ころべば露草だった
  笠の蝗の病んでゐる
  秋晴の屋根を葺く
  波の音しぐれて暗し
  枯山のけむり一すぢ
  鉄鉢の中へも霰

 尾崎放哉
  咳をしても一人
  秋山広い道に出る
  霜とけ鳥光る

 私も17韻以下の句を試作してみた。

 三木星童
  薄氷に罅社会主義 
  明解におぼろの一句
  青き踏む青き天蓋
  守宮啼く詮索せぬ怠惰
  秒速の世や走馬灯
  柿すだれ他力本願
  着膨れて波低し
  マスクのこゑウイルス

 17韻に合わせようとすると動詞・助動詞・形容詞・修飾語を使うなど韻を合わせる努力が先行したり、句意の変化が生じたりすることも想像できる。遡るが、発句の制定から充分な歴史を積み重ねてきたと思われるので、定型と独立させてみてはどうか。

 短句の特徴である、幅広く深い意と韻を活かして、「17韻」以下のより短い1句を認めて、自由闊達の将来性に期待を持ちたいと考える。新しい定型である。川柳や短歌の特徴とは違う俳句の特徴が、より明確に鮮明に生かされてゆくのではないか。

 シェイクスピアは「ウイットの魂は短いことである」という言葉を残している。

 俳句はとてつもない力、人生を変え得る魅力を持っていると思う。将来は今以上に全世界全人類が、年齢に関係なく作り記してゆく夢をみた気がする。

(以上)

◆「夢ものがたり」:三木星童(みき・せいどう)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2020年

タイトル 作 者
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年