関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


4月1日
青年部のページを更新しました。
4月1日
今月のエッセイに、小西雅子さんの「屋根と花」を掲載しました。
3月21日
第8回 関西現代俳句大会 入選句を発表しました。

>>その他新着情報


2021年4月のエッセイ

屋根と花

小西雅子

 『屋根にのぼる』は私の俳句とエッセー集である。のっけから宣伝かい、とげんなりしないでほしい。この本を出版して数か月後、奇妙なことを耳にした。『屋根にのぼる』がもうひとつあったのだ。短歌集『屋根にのぼる』だ。出版は2冊とも2017年3月1日の日付。奇妙であり、どこにでもあることではない。

 こんなことを知ったらおそらくどちらかが相手に連絡するはずだ。なのに私はしなかった。本も買っていない。相手からも何もない。そろそろ連絡しようかなと思いながら4年が経った。俳句と短歌の違いはあれ、同じ日に同じタイトルを選び出版した。のぼるは「上る」でも「昇る」でも「登る」でもなく「のぼる」。どんな人だろう。

 さて、こんなことがあったからかどうかはわからないが、私は以前にも増して屋根が好きになり、あちこちの屋根を見る。今、瓦の屋根が少ない。最近の新築の家は、耐震を考慮してかデザイン性を重視してか、スッとしている家が多い。北国では雪卸しの負担が減るようにストンとした造りだ。スッとかストンとか、ではでは瓦屋根の形容はと考えるとスットントンか。

 そもそもどうして屋根は「根」なのだろう。地面から遠いのに。インターネットで調べると何でもわかるものだ。屋根は縄文時代の竪穴住居からあるらしい。地面を掘ってその上に屋根をかけた。つまり屋根全体が家。地面の下の穴とつながっていてそれは立派な「根」の家屋だった。

 子どものころ、7、8メートルもある大屋根にのぼるのは年に一度、大文字の送り火を見るためだけだったが、ことあるごとに梯子にのぼった。屋根でなくても、梯子でなくても、カシの木でもモチの木でもよかった。高いところを求めていた。高さ1メートル直径15センチメートル、枝も何もない杭のような切り株の上に立っていつも遠くを見ていた。何を見ていたのか、何を見たくなかったのかわからない。

 65歳の今、もう大屋根にはのぼれないが、梯子や脚立を見たらついつい足をかける。植木の剪定はまだ大丈夫。高枝切り鋏があるのにどうして両手鋏を持って脚立に乗るのかと高所恐怖症の連合いは言う。父は94歳で亡くなる寸前まで脚立に乗り、柿の木の剪定をしていた。近所の人は危ないからやめさせなさいと言う。でも私は何も言わなかった。父はついに落ちることはなかった。

 下から見上げるだけではつまらないとつくづく思う時がある。高層ビルの硝子窓を外側からみがく職業にあこがれる。灼熱の太陽も晩秋の夕焼けも初雪のひと粒も磨ける。桜のころ私の心は屋根にある。江戸時代の盗賊のように、屋根という屋根を黒装束でぴょんぴょん跳んで、京都の市中の花の景色をながめたい。

(以上)

◆「屋根と花」:小西雅子(こにし・まさこ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2021年

俳句とコミュニケーションについて
タイトル 作 者
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年