関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


12月12日
結社・俳誌紹介に、「草樹」を掲載しました。
12月1日
青年部のページを更新しました。
12月1日
今月のエッセイに、小山貴子さんの「私が『鳥取の俳人 尾﨑坡酔』を出したわけ 」を掲載しました。

2017年12月のエッセイ

私が『鳥取の俳人 尾﨑坡酔』を出したわけ

小山貴子

 

 私は若い頃より尾崎放哉に魅かれ、彼の晩年の生活圏が京都や須磨、小豆島といった近畿地方だったのを幸いにその跡を追いかけることばかりしていた。
 仕事が忙しかったせいもあるがわからないことだらけで、それが精一杯だったと思う。
 『雲の峰』主宰の朝妻力氏に、「小山さんは放哉に惚れ込んだんやな。」と言われるけれど、私だって現世に素敵な人が現れたら放哉も自由律もほっぽり出すかもしれない(もうないか・・・)。

 いや、確かに放哉一筋で来たわけで、幾つかの謎を解きたいけれど資料がないというジレンマや私の能力では放哉を理解できないという大きな壁を少しでも崩してみたいともがいて来たような気がする。
 そのうち、放哉を知る為には彼の若い頃を知る必要があると思うようになった。
 若い頃、心に受けた何かがなければ、あのように酒に呑まれたり、小豆島の質素な庵で孤独死することにはならなかったのではないか、と考えるようになって出掛けたのが鳥取であった。

 2015年に、放哉生誕130周年記念フォーラムが催された時には、会場となったとりぎん文化会館に入りきれないほどの入場者だったが、20年以上も前は放哉は余り知られていなかったし、そもそも彼が俳句を作る基となった、鳥取にもたらされた最初の近代文芸と言われる、「卯の花会」というホトトギスの支部についても詳しいことはわからなかったのである。
 放哉を知りたい一心で、それでは自分でやるしかないと「卯の花会」の調査から始めたのだった。

 調べていくと、意外にも放哉の存在が薄いことに気づかされた。
 俳句はほどほどに嗜み、成績も抜群、運動会でも活躍、修学旅行ではリーダーに推される、温厚で優秀な少年尾崎秀雄像が浮かび上がってくるばかり。
 それに比して会の設立当初からとても熱心であったのが尾﨑坡酔であった。
 坡酔は放哉より1級上の学生で、尾﨑の「﨑」が示すように放哉とは親戚関係ではない。
 こうした調査が御縁となって、この度坡酔の遺族より1冊の本にしてほしいと依頼されたのだが、何といっても坡酔のすごいところは、中学卒業後も変わらず俳句を続け、大正末年まで地元紙『因伯時報』の俳句欄の選者を務めたことである。

 放哉や坡酔が俳句を始めた明治30年代前半から大正末頃にかけての二十数年間は、俳人にとってとても特殊で困難な時代であったと思う。
 子規没後、新傾向俳句運動から自由律へと発展してゆく流れがあり、一方で虚子の俳壇復帰によって「ホトトギス」が隆盛を取り戻してゆく流れがあった。
 この大きなうねりの中で信念を持って俳句に向き合っていった俳人の生き方は魅力的である。しかも、彼は超多忙な事業家でありながら、長きにわたって郷土における文芸の波及に力を尽くした人物とも言える。そんな坡酔という俳人の軌跡を是非記録しておきたいと思ったのである。

 尾﨑家には碧梧桐の短冊、広江八重桜や荻原井泉水等の書簡など貴重な資料が保管されていた。
 また、放哉との交流の様子等この仕事で得られたことは沢山あってここでは書ききれない。最後に『日本俳句鈔』より1句坡酔の作品を添えておきたいと思う。

    瀧の神蹴落す水や山桜

(以上)

◆「私が『鳥取の俳人 尾﨑坡酔』を出したわけ」
:小山貴子(こやま・たかこ)◆

 

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2017年

タイトル 作 者
11月 俳句と私 桑田和子
10月 句集のすすめ 外山安龍
9月 松茸 西原和孝
8月 大いなる未完の人 藤川游子
7月 近頃、俳句に思うこと 米岡隆文
6月 悪筆三銃士 藤本 晉
5月 「丹波百谷」俳句の今昔 大谷茂樹
4月 おいしいアニミズム 三好つや子
3月 小海線のおにぎり 大城戸ハルミ
2月 はじめて通る道 谷川すみれ
1月 旅をする蝶 吉田 成子

◆2016年

タイトル 作 者
12月 命綱の結び方 花谷  清
11月 初学のこと 丸山 景子
10月 チョコを食べるのをやめてしまった 久留島 元
9月 灸花 志村 宣子
8月 野風呂岬を訪ねて 鈴鹿 呂仁
7月 弘前城の曳屋工事と甥の結婚式 綿貫 伸子
6月 技能・芸能の霊性と歴史性 熊川 暁子
5月 芭蕉終焉の地 森  一心
4月 近江富士 村井 隆行
3月 イチローと多作多捨 木村オサム
2月 田圃のことなど 久保 純夫
1月 手間暇ということ 宇多喜代子

◆2015年

タイトル 作 者
12月 堺大仙公園の日本庭園平成曲水の宴 谷下 一玄
11月 難病と闘いながら 政野すず子
10月 島の眺め 田宮 尚樹
9月 神戸北野坂界隈とジャズ 西川 吉弘
8月 豊かな時間 西谷 剛周
7月 戦後70年に思うこと
―飾らず、逞しく生きたい―
藤井冨美子
6月 住み心地のよい雑居ビル 辻本 冷湖
5月 生存証明 出口 善子
4月 集中治療室 小泉八重子
3月 それそれ神 辻本 孝子
2月 十年日記 森田 智子
1月 十二月のスーパーマーケットで 宇多喜代子

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年