関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


6月2日
会員の著作に、金山桜子さんの『水辺のスケッチ』を掲載しました。
6月1日
青年部のページを更新しました。
6月1日
今月のエッセイに、桂凛火さんの「兜太氏と秩父の思い出」を掲載しました。

2018年6月のエッセイ

兜太氏と秩父の思い出

桂 凜火

 2017年4月、秩父の荒川の河原には、諸喝采が群れ咲いて、いつものように秩父の養浩亭で「海程」恒例の俳句道場が開かれていた。2日目午後、金子兜太氏、宇多喜代子氏、池田澄子氏の3人の鼎談。テーマは「戦争体験と平和と俳句について」であった。

 池田氏が、「玉音放送の後、母が当時8歳の私にね『負けたんじゃあ、父ちゃんは犬死になっちゃったね』とつぶやいたんです」と語られると兜太氏は、「零戦が毎日のようにグラマンの機銃掃射で撃墜されていた。

    朝始まる海へ突込む鴎の死      兜太

その時の光景が頭に入っていて、銀行員をしながら、俳句で生きようと決意した時の俳句」と話された。

 宇多氏が、「戦争とは父や夫や恋人が殺されるもの、要するに『人殺し』。許されることではないです」と語られた。

 シビアなお話だったが、それぞれにユーモアたっぷりの語り口で、若い人からも質問が活発に出て、言葉たちが屹立するような濃密な時間だった。

 2階にある会場の窓から風にあおられた桜が、吹雪のようにときおりどっと散るのが見えると、たくさんの人の口から、「うゎあ~」という声が漏れる。

 みなさん3人の話に夢中なのだけど、桜の美しさにも感嘆する。この感受性は、さすが俳人たちの集まりだと妙に感心した。

 当日の兜太氏は、思ったよりもお元気そうで大はしゃぎのご様子。その時間と空間の交わりの一点にいることが、なんだか贅沢で夢の中の光景のようだったことを鮮明に覚えている。

 1月後の5月、秩父での全国大会で「海程」の終刊が兜太氏から告げられた。参加者の中にどよめきのような動揺が走った。いよいよ来るべきものがきたと思った。しかし、その時は、まだ、こんなに急に兜太氏とお別れすることになるとは思いもよらなかった。

 数年前、同じく秩父での夏、句ができなくて、河原の石に糸トンボが止まったり、離れたりするのを2時間ばかり見つめながら川音に耳を傾けていると自分はこの中の石になれるかもしれぬという思いに捕らわれたことがある。兜太氏が愛してやまぬ秩父には、そんな夢みたいなことが起こりそうな空気が充満している。最晩年の兜太氏は、秩父の親玉みたいで。人間なのだけど、どこか人間離れしていて、いきものの力や土の匂いの大切さとともに尿瓶や糞(まり)の話がちっとも野暮じゃない不思議な魅力を放っておられた。

 「海程」の新人賞をいただいた表彰式の時には、「凜火はというのは、キツイね。凛子がいい」と言われた。また、表彰状代わりにと兜太氏が、ご自分の句の中から受賞者のイメージに合う句を選んで、色紙に書いたものを下さるのだが、その色紙には

    じつによく泣く赤ん坊桜五分

と書かれていた。本性を見透かされたようでドキリとした。兜太氏は、いつもおちゃめで、少年のような明るさで海程の会員に接してくださったと思う。

 「海程」のあとを継ぐ「海原」の刊行には、秩父でまた再会し、お祝いの言葉をいただけるはずだったのにと残念な気持ちもあるが、兜太氏には、十分にできる限りのものをわたしたちに与えてくださったことに感謝したい。 冥福をお祈りするとともに、与えていただいたものを大切に育てたいと思う。

    蕗の傘差しつ黄泉往く兜太少年    凜火

(以上)

◆「兜太氏と秩父の思い出」:桂 凜火(かつら・りんか)◆

 

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2018年

タイトル 作 者
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

◆2017年

タイトル 作 者
12月 私が『鳥取の俳人 尾﨑坡酔』を出したわけ 小山 貴子
11月 俳句と私 桑田 和子
10月 句集のすすめ 外山 安龍
9月 松茸 西原 和孝
8月 大いなる未完の人 藤川 游子
7月 近頃、俳句に思うこと 米岡 隆文
6月 悪筆三銃士 藤本  晉
5月 「丹波百谷」俳句の今昔 大谷 茂樹
4月 おいしいアニミズム 三好つや子
3月 小海線のおにぎり 大城戸ハルミ
2月 はじめて通る道 谷川すみれ
1月 旅をする蝶 吉田 成子

◆2016年

タイトル 作 者
12月 命綱の結び方 花谷  清
11月 初学のこと 丸山 景子
10月 チョコを食べるのをやめてしまった 久留島 元
9月 灸花 志村 宣子
8月 野風呂岬を訪ねて 鈴鹿 呂仁
7月 弘前城の曳屋工事と甥の結婚式 綿貫 伸子
6月 技能・芸能の霊性と歴史性 熊川 暁子
5月 芭蕉終焉の地 森  一心
4月 近江富士 村井 隆行
3月 イチローと多作多捨 木村オサム
2月 田圃のことなど 久保 純夫
1月 手間暇ということ 宇多喜代子

◆2015年

タイトル 作 者
12月 堺大仙公園の日本庭園平成曲水の宴 谷下 一玄
11月 難病と闘いながら 政野すず子
10月 島の眺め 田宮 尚樹
9月 神戸北野坂界隈とジャズ 西川 吉弘
8月 豊かな時間 西谷 剛周
7月 戦後70年に思うこと
―飾らず、逞しく生きたい―
藤井冨美子
6月 住み心地のよい雑居ビル 辻本 冷湖
5月 生存証明 出口 善子
4月 集中治療室 小泉八重子
3月 それそれ神 辻本 孝子
2月 十年日記 森田 智子
1月 十二月のスーパーマーケットで 宇多喜代子

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年