関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


8月3日
早苗田句会 吟行記録を掲載しました。
8月2日
吉野の桜を守るための色紙・短冊展示頒布会のご案内を掲載しました。
8月1日
青年部のページを更新しました。

2019年8月のエッセイ

鯰と鼬

髙木泰夫

 住まいの近く、10分も東に行くと田畑が広がっている。鹿川という名の川があり、その堤防が最も手軽な、気に入りの散策コースになっている。朝から曇っていた天気が明るくなって来た時など、ふらりと出かけるにはもってこいだ。川は北に向かって4キロ程先の木津川に注ぎ込んでいる。両側の景色は四季折々楽しめるし、生き物に出会う事も多い。鳥の種類は数え上げたらきりがない。運が良ければ川筋を急ぐ翡翠にも出会う。

 川は葦とか他の草木でかなりの部分塞がれているが40センチはあろうかと見受けられる鯰の住処というか活動エリアも突き止めている。私が立つと、鯰はゆっくりと尾びれを使い石組の間に後ずさりする。警戒は続けているが全身は隠さない。その面構えが好ましい。たまにしか出逢わないが何度かそんなことをしている内になんだか肝胆相照らす間柄になったような気分になってくる。台風で大雨が続き各地の河川が危険になったことがあった。あいつもきっと流されているだろうなと気になっていたが、数日後行ってみると、岸辺の草木は大きくなびいた後を遺しているが、なんと、奴さんはいた。石の間に身を潜めて凌いだのだろうか。

 鼬にも時たま出会う。去年の秋、対岸に見つけた。普通なら、人を見るとそそくさと茂みに逃げ込むところだが、慌てる風はない。やや小ぶりでまだ若い鼬のようだ。 少し平たくなった場所に枯れ草をならし、どうやらそこで日向ぼっこを決め込んだのか、体を丸めようとしている。

「おいおい、大丈夫かい」

 10メートルとは離れていない。今時、そんな事をする子はいないだろうが、自分が子供の頃には、何人かでよく野原に繰り出し、その中には悪いのもいて、生き物を見つけると石を投げたりしていたものだ。それに鷹もいる。小型ならともかく大鷹だって時には奈良にも来る。ある年の初冬、近くにある磐之媛陵の決まりの大木の天辺に止まるという情報が流れたのであろう、野鳥ファンが大挙(30人はいた。)カメラの三脚を立てて待機していたことがあった。大鷹に狙われたら、鼬はひとたまりもない。あまりにも無防備である。

 私は、これは「教育的指導」がいるなと思い、石を拾って傍に落してやった。鼬は特段驚くこともなく私を見上げると茂みに入って行ったのだが、その様子が如何にも迷惑そうで、仕様がないなといった風情なのである。 今までに、鼬には何十回と出会っているが、本来、至って警戒心の強い生き物だ。しばらく首を立ててこちらを確かめると、早々と茂みに潜り込むか、溝を伝って姿をくらます。動きは俊敏で二度見つけるのは難しい。

 余程、幼い個体だったのだろうか?

 あんな鼬は見たことがない。

    昼寝する鼬に会えて今日は良い日      泰夫

(以上)

◆「鯰と鼬」:髙木泰夫(たかぎ・やすお)◆

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2019年

タイトル 作 者
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

◆2017年

タイトル 作 者
12月 私が『鳥取の俳人 尾﨑坡酔』を出したわけ 小山 貴子
11月 俳句と私 桑田 和子
10月 句集のすすめ 外山 安龍
9月 松茸 西原 和孝
8月 大いなる未完の人 藤川 游子
7月 近頃、俳句に思うこと 米岡 隆文
6月 悪筆三銃士 藤本  晉
5月 「丹波百谷」俳句の今昔 大谷 茂樹
4月 おいしいアニミズム 三好つや子
3月 小海線のおにぎり 大城戸ハルミ
2月 はじめて通る道 谷川すみれ
1月 旅をする蝶 吉田 成子

◆2016年

タイトル 作 者
12月 命綱の結び方 花谷  清
11月 初学のこと 丸山 景子
10月 チョコを食べるのをやめてしまった 久留島 元
9月 灸花 志村 宣子
8月 野風呂岬を訪ねて 鈴鹿 呂仁
7月 弘前城の曳屋工事と甥の結婚式 綿貫 伸子
6月 技能・芸能の霊性と歴史性 熊川 暁子
5月 芭蕉終焉の地 森  一心
4月 近江富士 村井 隆行
3月 イチローと多作多捨 木村オサム
2月 田圃のことなど 久保 純夫
1月 手間暇ということ 宇多喜代子

◆2015年

タイトル 作 者
12月 堺大仙公園の日本庭園平成曲水の宴 谷下 一玄
11月 難病と闘いながら 政野すず子
10月 島の眺め 田宮 尚樹
9月 神戸北野坂界隈とジャズ 西川 吉弘
8月 豊かな時間 西谷 剛周
7月 戦後70年に思うこと
―飾らず、逞しく生きたい―
藤井冨美子
6月 住み心地のよい雑居ビル 辻本 冷湖
5月 生存証明 出口 善子
4月 集中治療室 小泉八重子
3月 それそれ神 辻本 孝子
2月 十年日記 森田 智子
1月 十二月のスーパーマーケットで 宇多喜代子

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年