関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


5月7日
会員の著作に、塩見恵介さんの句集『隣の駅が見える駅』を掲載しました。
5月1日
青年部のページを更新しました。
5月1日
今月のエッセイに、音羽和俊さんの「北国の春」を掲載しました。

>>その他新着情報


2021年5月のエッセイ

北国の春

音羽和俊

 生まれ故郷の北海道を離れて50年余りになる。故郷のことは今でも昨日のことの様に思い出される。生まれは、夕張。今はメロンで有名になったが、元々は全国有数の炭鉱の街である。父は炭鉱病院に勤務していた外科医だった。落盤事故や熊に襲われたけが人の話などを何度か聞かされた。熊に遭遇したら、死んだふりをすると助かるという話は小さなときから聞かされていたが、本当かどうか怪しいと思っていた。熊は死んだものの肉は食わないというのだ。父の話によると、熊に遭遇した人が、死んだマネをしていたら顔を手で一撃されたが我慢してじっとしていた。顔半分を熊にえぐられて大けがをしたが、命は助かったというのである。死んだふりをするといいというのは、まんざら当たっているようだ。

 北海道の四季のうち、好きなのは春、それも雪解けのころである。雪解けが始まるころは、早く雪が溶けて地面が出てくる様に、家の周りの道路をスコップで土が見えるまで掘り起こしたものだ。真っ黒な土が出て来る時は、心底、嬉しさがこみあげた。

 また春といえば釧路の流氷を思い出す。流氷は地球の温暖化により年々、見られる時期と地域が限られてきている。今では稚内から知床にかけてのみ見られるが、私が住んでいた60年前は、釧路でも流氷を見ることが出来た。流氷は、何日もかけて海を埋めるのではなく、たった一日で海を埋め尽くす。当時通っていた中学校の裏がすぐ海だった為、授業中に窓からキラキラと輝く流氷の海を眺めることが出来た。流氷の一片は結構大きくて、大人が乗っても大丈夫な大きさのものもあり、ちょんちょんと乗り移れば沖まで行けそうな気がした。そんなだから、つい子どもたちが悪戯に流氷に飛び乗り、溺れる事故が後を絶たなかった。

 流氷で埋め尽くされた釧路港が一望できる米町公園には、啄木の歌碑がある。

 しらしらと氷かがやき千鳥なく釧路の海の冬の月かな

 啄木は明治41年の1月から4月まで、釧路の新聞社に勤務していて妻子を小樽に置いての単身赴任中だった。流氷で埋め尽くされた港はロマンチックではあるが、単身赴任の身としては、さぞかし寒々と見えたことだろう。

 今となってはもう目にすることが出来なくなった釧路の海の流氷を、夢の中でもいいからもう一度見てみたいものだ。

(以上)

◆「北国の春」:音羽和俊(おとわ・かずとし)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2021年

タイトル 作 者
4月 屋根と花 小西雅子
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年