関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


10月1日
イベント案内京都吟行リモート句会の詳細を掲載しました。
10月1日
青年部のページを更新しました。
10月1日
今月のエッセイに、山田和さんの「窯神」を掲載しました。

>>その他新着情報


2020年10月のエッセイ

窯神

山田 和

   

 私は、国宝展で火焔を形取った縄文時代の土器を見たことがあった。縄文時代、我々の祖先は、どの様な生活をしていたのだろうか? この土器は狩猟の秋まつりに使われていたのだろうか? とイメージがふくらむ。
 もし、この会場に誰も居なければ直接に土器を手にとって、こっそりと縄文時代の土に触れていたであろう。

    縄文の火焔土器とや秋祀り    和

 ある年の秋、備前焼の陶芸家と縁を得て、親しく話を聞くチャンスに恵まれ陶芸の教えを得ることが出来た。
 備前の陶房を訪ねた時、土を愛し大切にした作品に接し、かつて縄文の火焔土器を見た時の興奮が甦り、土に触れたい思いが起ったのである。
 備前焼の登り窯は縦に五段つながり、窯の周囲には、松の割木が高く積まれ家屋敷もろともに取り囲んでいた。

    月白や高々と積む松割木     和

 備前の陶土は約2億年前の海底だった土とのことで、伊部(いんべ)の畑の中から掘り出して何年も土を寝かせるらしい。
 その黒っぽい灰色の土を私は手の平で力を込めて練ってゆく。全身の力を掌にのせて練る。やがて土は掌に吸いつく温かさになった。
 土は生き物のようであり、土に生命が宿ったような感じを覚えた。

    粘る土に己が温もり秋澄める   和

 陶師は作り溜めていた壺、大皿、碗などの土の作品を登り窯へびっしりと詰めてゆく。私の作品も窯の一隅へ置かせてもらった。
 大安吉日の朝、縁起を祝って盛塩、榊、新酒を窯神へお供えし祈る。

    窯神へ火入れの新酒供えけり   和

 いよいよ窯への火入れとなる。14日間ほど窯の火を絶やしてはならない。昼夜、側で火を守り続けるのだ。

    窯の炎と語る陶工星月夜     和

 土を裸のまま釉薬を掛けず長時間(約14日間)松薪を使って焼きしめた後、窯が冷えるのを待って窯開きである。
 槌で打いて割って開けた窯口から、奥の壺の窯変、花器、大皿の火襷、碗の艶光りが、魔法の洞穴の宝物のように、目に飛び込んで来た。窯神の炎は土の素晴らしい表情、貌を成し様々な心までも表現してくれた。
 土の色は火焔によって 朱 青 炭 錆 などの彩に変わる。窯神のなせる独特の土味は、日本の焼きものの美の歴史ともいえる。

 その時の私の作陶は、窯変の花器として次のように命名した。
 『備前焼 古手籠花入』 銘十三夜

    罅割れや窯神の黙秋深む     和

(以上)

◆「窯神」:山田 和(やまだ・かづ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2020年

タイトル 作 者
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年