関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


6月18日
吉野の桜を守るための色紙・短冊展示頒布会のご案内を掲載しました。
6月18日
第5回定例句会(7月29日開催)のご案内を掲載しました。
6月14日
会員の著作に、『昭和俳句作品年表 戦後篇 昭和21年~45年』を掲載しました。

2017年6月のエッセイ

悪筆三銃士

藤本 晉

 テレビでよく記者会見のシーンを見る。大写しになった記者の膝元にはパソコンがあり、会見内容がたちどころに打ち込まれていくのを見るたびに、隔世の思いにとらわれる。僕の記者時代の最終盤にワープロ、続いてパソコンが登場し、悪筆でならしただけに、戸惑いもあったけれど、それ以上に喜んだ。

 昔、洋画を見ていて、記者や作家がタイプライターを駆使して、記事や小説を作り上げていくのを見てその姿に憧れに似た思いを抱いたものだ。その点、その頃の和文タイプライターは、机一抱えぐらいの大きさで、何とも不格好で、しまらない代物だった。日本語という制約上、当分、欧米なみの機材が取材現場に登場するなんて思いもしなかったし、むしろ、わら半紙と鉛筆一本ですむ記者の世界の気概を感じてもいた。

 何を隠そう、当時、百人以上いた社会部員の中で僕の悪筆ぶりも相当で、ときの部長から原稿を突き返されたことがあった。その不機嫌は、中身もさること乍ら、僕の拙い字も大いに関係していた。僕同様に字の下手な同僚の原稿に部長は「古釘を抛り投げたようや」と言ったのだった。なるほど、もっともな表現だなぁと感心したが、道具箱にある錆び付いた古釘を思い出して、悪筆の自分の心も大いに傷ついた。けれど、そのうちに悪筆仲間二人と語らって“悪筆三銃士”と居直ってしまった。その三銃士がたまたまある行政担当チームに入ることになった。当然、原稿をチェックするデスクたちは身構え、より慎重になったのだが、そのお陰か別段われわれの悪筆が原因のトラブルもなかった。自慢じゃないが、むしろ中身のある原稿を出稿したと自負したものだ。

 それより、そのチームの現場責任者のキャップ格だった僕には、もっと恐ろしい痛恨事の思い出がある。皮肉なもので、そのチームにはまるで活字なみの正確な字を書く記者がいた。その彼に担当でない部門の予算記事を書くよう命じ、それをキャップの僕もチェックして出稿したのだが、翌日の新聞に数字が一桁違う誤った見出しが出てしまったのだ。大恥の訂正記事を出し、勿論、責任も取らされた。筆者以上に落ち込んだ。彼が間違う訳がない、という思い込みと見事な字体の“魔力”に勝てなかった。いや、それは言い訳、まさに怠慢の結果だった。

 字体といえば、後に文化部長になって、作家、司馬遼太郎さんの生原稿を初めて見た時の感動が忘れられない。推敲を重ねて、一見、判りにくいが、人を引きずり込むようなやさしさに満ち、じゅんじゅんと説かれている気分にさせられたのである。そんなこともあって、四年前に始まった司馬遼太郎記念館俳句大会に参加し、素直な気持で正直に投句した句で、何と館長賞をいただいた。

    司馬さんの書体やわらか草の花       晉

 最近では、拙い字も自分の人格の一部であると思っているのである。

(以上)

◆「悪筆三銃士」:藤本 晉(ふじもと・すすむ)◆

 

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2017年

タイトル 作 者
5月 「丹波百谷」俳句の今昔 大谷茂樹
4月 おいしいアニミズム 三好つや子
3月 小海線のおにぎり 大城戸ハルミ
2月 はじめて通る道 谷川すみれ
1月 旅をする蝶 吉田 成子

◆2016年

タイトル 作 者
12月 命綱の結び方 花谷  清
11月 初学のこと 丸山 景子
10月 チョコを食べるのをやめてしまった 久留島 元
9月 灸花 志村 宣子
8月 野風呂岬を訪ねて 鈴鹿 呂仁
7月 弘前城の曳屋工事と甥の結婚式 綿貫 伸子
6月 技能・芸能の霊性と歴史性 熊川 暁子
5月 芭蕉終焉の地 森  一心
4月 近江富士 村井 隆行
3月 イチローと多作多捨 木村オサム
2月 田圃のことなど 久保 純夫
1月 手間暇ということ 宇多喜代子

◆2015年

タイトル 作 者
12月 堺大仙公園の日本庭園平成曲水の宴 谷下 一玄
11月 難病と闘いながら 政野すず子
10月 島の眺め 田宮 尚樹
9月 神戸北野坂界隈とジャズ 西川 吉弘
8月 豊かな時間 西谷 剛周
7月 戦後70年に思うこと
―飾らず、逞しく生きたい―
藤井冨美子
6月 住み心地のよい雑居ビル 辻本 冷湖
5月 生存証明 出口 善子
4月 集中治療室 小泉八重子
3月 それそれ神 辻本 孝子
2月 十年日記 森田 智子
1月 十二月のスーパーマーケットで 宇多喜代子

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年