関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


8月2日
第1回「上方きめら句会」開催記事を掲載しました。
8月1日
青年部のページを更新しました。
8月1日
今月のエッセイに、瀬川照子さんの「縁―正岡家の人々」を掲載しました。

>>その他新着情報


2020年8月のエッセイ

縁―正岡家の人々

瀬川照子

   

 日本がバブル経済に沸き立っていた頃、兵庫県伊丹市に博物館が新設されて、運よく学芸員として滑り込んだ。歴史専門の学芸員が主流の中で、私は異端の俳諧文学専攻で、役に立たず、民具や農具の整理のお手伝いをしていた。

 そんな折、伊丹在住の正岡忠三郎氏所蔵の子規関係の資料を拝借して「正岡子規展」の開催計画が専門委員会で決定し、突如、農具洗いから、特別展担当学芸員に指名された。青天の霹靂。無知識のまま、伊丹主基町の正岡家のドアをたたいた。
 忠三郎氏は、子規の妹律氏の御養子で、子規の遺品の相続者であった。市街地から少し離れ、まだ田園も残る静かな地域の、古い木造の正岡家。緊張でがちがちの私を、忠三郎氏は卒中療養で臥すベットの中から、優しい目線で迎えてくださった。

 以後、正岡家通いは、必ず忠三郎氏のベット脇での挨拶からはじまるのだが、お酒にまつわる昔の武勇伝からは程遠い優しさで、不自由ながら声をかけてくださることもしばしば。
 奥様のあや夫人は、細面のさっぱりなさった方で、「私、子規のことはあまり知らないのよ」と言いながら、お茶やお菓子を出してくださった。京大教授野上俊夫氏の令嬢で、黒縁の眼鏡からは、知的で育ちの好い率直さがあふれていた。

 子規の資料は皮のトランクにきっちり詰まっており、空襲の折には、このトランクを守る為、忠三郎氏は大奮闘したという代物である。
 その中には、子規の勝山小学校の賞状や教科書、少年期の漢詩、大学時代の英文レポート「詩人としての芭蕉」や『竹の里歌』・俳句分類原稿・彩色自画像・草花の水彩画・玩具帖など、今思うと宝の山。新米学芸員の私は、一点ずつ資料の形態を記録し写真を撮り、ひたすら子規の資料と向き合った。

 昭和48年1月、第1回特別展「正岡子規展」が伊丹市立博物館で開催され、初日に忠三郎氏がご子息の明氏が押す車椅子で来館。あや夫人から、「貴女よくやったわね」とねぎらってくださり、感激と疲労と緊張で、泣き崩れそうになった。

 昭和54年、私の手垢の付いたであろう資料は、設立された松山市立子規記念博物館の管理するところとなった。その後、私は俳諧俳句の資料館「柿衞文庫」の学芸員となり、専門を生かす職場を得た。

 平成14年、正岡家とのご縁で、「正岡子規・関西の子規山脈」を担当させて頂いた。忠三郎氏もあや夫人もお亡くなりになっていたが、「子規の資料を最初に整理した子」というレッテルが幸運を呼び、ご子息の浩様と明様に全面的にご協力を頂き、『仰臥漫録』の原本なども出展され、充実した展覧会を開くことが出来た。

 冗談から駒で、子規が日本の野球の普及に貢献したことより、「正岡子規記念伊丹野球大会」の開催を思い立ち、野球協会の協力も得て、野球大会を開催した。今でも毎年子規記念野球大会が行われ、優勝チームには正岡兄弟から賞状が渡されている。俳諧資料館の野球大会。訳の分からない企画だが、それを許す文化の幅がある良い時代であった。
 以来、正岡兄弟とは親しくしていただき、長きにわたり、手紙や電話で、何とか生きておりますメールを欠かしたことはない。私の宝物のようなご縁だ。

 調査に伺っていたころ、忠三郎氏から、秘書にならないかと、お声がけをいただいた。その頃、講談社版『子規全集』編集の為、司馬遼太郎氏等と共に、生涯を賭けた大仕事をなさっていたのである。もし秘書になっていたら、と思うと、波乱万丈、空恐ろしい気分になる。とにかく素敵な思い出である。

(以上)

◆「縁―正岡家の人々」:瀬川照子(せがわ・てるこ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2020年

タイトル 作 者
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年