関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


4月10日
青年部のページに関西ゼロ句会(5月6日)のお知らせを掲載しました。
4月1日
青年部のページを更新しました。
4月1日
今月のエッセイに、橋本小たかさんの「高野素十のコントラスト視点」を掲載しました。

2018年4月のエッセイ

高野素十のコントラスト視点

橋本小たか

 先日、読売文学賞を受賞された山口昭男さんは波多野爽波の弟子だった。
 しかし、山口さんの端正な文体は爽波よりもむしろその先達のひとり、高野素十に似ている。

    花一片花一片の雨に散る       素十
    溝の水つよく流るる辺に落花     爽波
    しばらくは落花にまかす女身かな   昭男

 せわしない爽波俳句に比べ、ゆったりとした余白。
 それは昭男俳句の特長であるとともに、素十俳句の特長だった。隔世遺伝というべきか。(1句ずつじゃ納得できない? まあ、勘弁してください)

 一元俳句の写生の徒としてしばしば引合いに出される素十。
 とは言いながら、素十俳句をまとめて読んだという人は案外少いのではなかろうか。

 素十一流の一元俳句はどのように組み立てられているのか?

 今回は『高野素十自選句集』(永田書房)を片手に、素十のレトリックを読んでみよう。

 はじめに結論めいた話になるが、素十俳句はコントラストによってできている。
 描写が精密なのではない。コントラストが鮮やかな結果、描写を精密に感じるのだ。

  では、コントラストのパターンを見てみよう。

1 動作+状態
 「残雪の伸びて大庭石に載り」は、動的な動き「伸びて」のあと、静的な状態「載り」。
 単に時間順に追うのではなく、動と静、動作と状態のコントラストで組み立てられている。

 「燃えてゐる火のところより芒折れ」「何草か萌え何草か枯れしまま」「笏もちて面かくるゝ雛かな」。
 「空をゆく一とかたまりの花吹雪」も同じ。

2 動作+動作
 「歩み来し人麦踏をはじめけり」は、動的な動作「歩み来し」と静的な動作「麦踏」のコントラスト。すたすた来て、もくもく。

 「泡のびて一動きしぬ薄氷」は「のびて」という比較的ゆったりした動きからの「一動き」。

 「ひざまづき蓬の中に摘みにけり」「摘草の人また立ちて歩きけり」は、静から動、且つ、上下の動きから横の動きへ。

 「屋根替の一人下りきて庭通る」は、どちらも動のようだが、これも縦の動きから横の動きへのコントラスト。

3 Aの動作+Bの動作
「岩すべる水にうつぶす椿かな」。動的な水と静的な椿。

 「水草の生ひ出でし葉に水の乗り」縦に生え出る水草に対して、横から水が乗る。

4 「れば」
 コントラストが出やすいので使い勝手がいいようだ。

 「春寒き村を出づれば野は広く」「弘法寺(ぐぼふじ)の坂下り来れば鶏合」「春水に沿うて下れば石切場」。上から下へ。あるいは広い場へ。

5 「あり」
 「人々のゐならぶうしろ春田あり」「半日の用擲つて花下にあり」。
「ゐならぶ」「擲つて」と強い言葉を持ってきたあとに静かな「あり」。

6 対比
 色などのコントラスト。
 「紅梅の花あちら向きこちら向き」「田打着の妹のもの兄のもの」「青かりし赤かりし雛あられかな」 傍若無人ですね。

 6つのパターンを見てきた。
 無意識的にかもしれないが、この写生の徒の目は、風景にコントラストを探し求めているだろう。

 あの「翅わつててんとう虫の飛びいづる」の、翅を左右におもむろに開く静と、まっすぐ飛び立つ動。
 あるいは「づかづかと来て踊子にさゝやける」のづかづかと来る動と、ささやく静。
 それは偶然の産物ではなく、素十得意のコントラスト視点の賜物だった。

 もちろん、コントラストだけが素十ではない。

指示名詞+数字
 「まづこゝにおいらん草の芽の二つ」「惜別の一盞ここに白魚汁」「朝顔の双葉のどこか濡れゐたる」。

「かな」+数字
 「水草の生ひ並びたる二葉かな」「大打に打ち終りゐる一田かな」「水の上に花ひろびろと一枝かな」「花吹雪吹きつゝみたる一木かな」。

大胆なリフレイン
 「斯くの如く斯くの如くに梅白し」「顧みて又顧みて梅白し」「遅桜遅椿遅わらびなど」
 私が好きなのは「嫁菜萌ゆ嫁菜に似たるものも萌ゆ」。堂々として無内容。

 静と動のコントラスト、数字、リフレイン。「ありのまま」を写すもっとも精細な描写として語られる素十は、むしろもっとも様式美の強い作家だったのかもしれない。

※ 各分類の名称等は私の作句のための便法です。「動作」と「状態」の区分けが曖昧とか、そのへんご寛恕ください。
※ 繰返し符号が表現できないため、一部表記を変更しています。

(以上)

◆「高野素十のコントラスト視点」:橋本小たか(はしもと・こたか)◆

 

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2018年

タイトル 作 者
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

◆2017年

タイトル 作 者
12月 私が『鳥取の俳人 尾﨑坡酔』を出したわけ 小山 貴子
11月 俳句と私 桑田 和子
10月 句集のすすめ 外山 安龍
9月 松茸 西原 和孝
8月 大いなる未完の人 藤川 游子
7月 近頃、俳句に思うこと 米岡 隆文
6月 悪筆三銃士 藤本  晉
5月 「丹波百谷」俳句の今昔 大谷 茂樹
4月 おいしいアニミズム 三好つや子
3月 小海線のおにぎり 大城戸ハルミ
2月 はじめて通る道 谷川すみれ
1月 旅をする蝶 吉田 成子

◆2016年

タイトル 作 者
12月 命綱の結び方 花谷  清
11月 初学のこと 丸山 景子
10月 チョコを食べるのをやめてしまった 久留島 元
9月 灸花 志村 宣子
8月 野風呂岬を訪ねて 鈴鹿 呂仁
7月 弘前城の曳屋工事と甥の結婚式 綿貫 伸子
6月 技能・芸能の霊性と歴史性 熊川 暁子
5月 芭蕉終焉の地 森  一心
4月 近江富士 村井 隆行
3月 イチローと多作多捨 木村オサム
2月 田圃のことなど 久保 純夫
1月 手間暇ということ 宇多喜代子

◆2015年

タイトル 作 者
12月 堺大仙公園の日本庭園平成曲水の宴 谷下 一玄
11月 難病と闘いながら 政野すず子
10月 島の眺め 田宮 尚樹
9月 神戸北野坂界隈とジャズ 西川 吉弘
8月 豊かな時間 西谷 剛周
7月 戦後70年に思うこと
―飾らず、逞しく生きたい―
藤井冨美子
6月 住み心地のよい雑居ビル 辻本 冷湖
5月 生存証明 出口 善子
4月 集中治療室 小泉八重子
3月 それそれ神 辻本 孝子
2月 十年日記 森田 智子
1月 十二月のスーパーマーケットで 宇多喜代子

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年