関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


12月31日
青年部のページを更新しました。
12月31日
今月のエッセイに、岡田耕治さんの「新型コロナ時代の句会」を掲載しました。
12月29日
会員の著作に、若森京子さんの句集『臘梅』を掲載しました。

>>その他新着情報


2021年1月のエッセイ

新型コロナ時代の句会

岡田耕治

  新型コロナウィルスの影響は、私たちの日常を一変させました。私の中で起こった最も大きな変化は、「死」について考えるようになったことです。人は必ず死ぬ。人はいつ死ぬかわからない。この真実を、私たちは、少なくとも私は、先送りしてきました。この度、否応なく死というものと向き合う、そんな機会が訪れたのです。この変化は、私に今日一日をどう生きるのかと問いかけてきます。

 そこで、私たち「香天」が取り組んでいるインターネット上の句会を紹介したいと思います。一つ目は、鈴木六林男師の「花曜」の時代から20年以上続いている「E俳句会」です。毎月10日までに幹事宛に3句をメール送信しますと、翌日にランダムに並んだ投句集が返送されます。その中から3句選んで、20日までに返信します。すると翌日、幹事から選句集としてみなさんの選句と選評が送られてくるという流れです。句会の立ち上げ時から幹事は私が担当していましたが、今は北海道の安田中彦さんにお願いし、15人前後の参加があります。

 二つ目は、毎月第2土曜日に大阪市内で開催していた「大阪句会」です。新型コロナの影響で対面が難しくなり、ZOOMを使った選評を行うようになりました。第2土曜の2日前(木曜日)までに雑詠5句をメールかFAXで私宛に投句してもらい、それをランダムに並べて前日(金曜日)に投句集として配信します。参加者には当日の朝9時までに5句選句し、私宛に返信してもらいます。それを選句集としてまとめ、当日の午後2時から1時間程度、ZOOMによる選評会を行います。この時間帯に参加できない参加者には、終了後、選句集を配信します。この句会には、20人前後の参加があります。

 三つ目は、毎月第4火曜日に大阪市内で開催していた「上六句会」です。鈴木六林男師に「上六に行かねばならぬ夜の雪」という句がありますが、中央区上本町六丁目のことを上六と呼び、「花曜」の時代から続いている句会です。10人前後の参加者それぞれ一つ席題を出し、1時間余りで一つの席題に一句ずつ作っていく、非常に集中力の要る句会でが、コロナ禍によって対面で実施することが難しくなり、全てをメールのやり取りで行うこととしました。当日の朝8時までに席題を送ってもらい、9時に席題と筆名を送信。そこから13時までに1席題につき1句ずつ作句し、返信してもらいます。それらをランダムに並べて、14時に投句集を配信し、16時までに10句選句。選句結果は、20時までに配信するという流れで句会を行っています。

 お読みになっているあなたは、この三つのうち、どの句会に参加したいと思われますか。出句してから選句結果を受け取る時間をみますと、E俳句会は11日、大阪句会は2日半、上六句会は半日となっています。自分が制作した俳句に対するフィードバックが短いということでいうと、上六句会が最も短くなっており、その分緊張感の高い句会になっています。対面の句会に近いと言い換えることができるでしょう。

 はじめに書きましたように、コロナ禍の中で私たちは、命というものと向き合うことになりました。コロナ後もインターネット上の句会は、様々な形で行われるでしょうが、ここに書いたように、出句と選句結果のフィードバックの間をどれだけ短くできるかが、その句会の臨場感につながるように思います。この命、いつ終わるかは分からないのですから。

(以上)

◆「新型コロナ時代の句会」:岡田耕治(おかだ・こうじ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年