関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


1月7日
第42回句集祭&平成29年度忘年会の模様を掲載しました。
12月31日
青年部のページを更新しました。
12月31日
今月のエッセイに、宇多喜代子さんの「炉話のこと」を掲載しました。

2018年1月のエッセイ

炉話のこと

宇多喜代子

 毎年の秋、母校の明春卒業の学生に「知っておくといい四季のことばとしきたり」みたいな話をしている。おばあさんの炉話と思うて聞きなさいと前置きをして話すのだが、教室を出る際にレポート提出が課せられているせいか、みな熱心でおそろしいような目をして聴き入ってくれる。後日、届けられるレポートには、ぎっしりと感想やら質問などが書かれていて、それを見るのが楽しみでもある。

 みな思っていることを率直に書き、話の捉え方、質問の要などにピントはずれがなく、なによりも誤字当て字がないのがいい。

 ある生徒は「短期留学でアメリカでホームステイをしたときに、日本では何を食べるの、日本にはどういうマツリがあるの、日本の年寄はどう過ごしてるの、なんて聞かれて答えられなかった」ということを書いていたし、 やはり留学先で着物のことをきかれて何のことだかわからなかったと書いていた生徒もいた。

 いまの日本で暮らしているかぎり、無理もない。朝はトースト、昼はラーメン、夜はトンカツとかコロッケとか肉ジャガなどが出る。さて、わたしが食べているのははたして「日本食」なのか何なのか、彼女らならずとも答えに困るだろう。着物にしても卒業式、成人式のほかは洋服用下着に着る浴衣、その程度である。

 そこで2、3年前から、日本食の基本は「ご飯と味噌汁、和え物に漬物、それに主菜として季節の野菜や魚介、さらには肉類料理がつく」ということをいい、旬の話をする。たとえ嫌いでもアホらしいと思っても、「味噌汁」だけは自分で作るようにしておきなさい、それも実沢山がよろし、という。すると味噌汁の実には何がいいですかなどと質問がありアレがいいコレがいいと盛り上がる。はたして何の勉強時間なのかわからなくなる。

 そんな中に、こちらがウームと答えに困る質問がくることがある。「どうして俳句歳時記の季節区分に〈新年〉という部があるのですか。新年というのは、春夏秋冬に並ぶ季節ですか」というのだ。季節ではないけれど、冬という季節の中の特別の行事だから、と「新年」の特異なところを伝えて返事としているのだが、じつは昨年からある講座で「明治五年の改暦」の話をしていて、歳時記が五季になった経緯をはなしたばかりである。話しながら、この五季が未来の歳時記にも必然性をもって残るかどうか、おおいに案じたところであっただけに、学生の質問には思案した。

 私など、もとより歳時記はフィクションだという意見であるから、項目を動かさずにそのまま冬の部に編入してもいいと考えているのだが、「正月」を「一月」と呼ぶようになった改暦後の歳時記で、しかも年神さまなど知ったことかというような騒々しい新年になってしまったいま、さて、新年の部はこののちどうなるのだろう。

 春には社会人となる学生を相手に、日本では着るもの、食べるもの、住まい、これが四季によって違うよと、子ども相手のような話か、かなり難しいことに話が及ぶことがあるが、じつは当世の話題や外国の情報など、それ何のことなのかと教えてもらうことが多く、つくづく私が今社会では落第生であることを自覚する。生徒たちは、なんにも知らないんだとあきれているだろうと思う。

 朝、眼が覚めると魂消るようなことが起こり、AIは身辺近くに手を伸ばし、世界が即時に繋がり、心身が時間のスピードについていけなくなる。そんな流れのなかで生きてゆく学生諸君に、おばあさんは炉話の締めくくりに、かならず「パソコンにスマホ、うつむいてばかりではだめです。たまには空をみなさいよ」ということにしている。

(以上)

◆「炉話のこと」:宇多喜代子(うだ・きよこ)◆

 

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2017年

タイトル 作 者
12月 私が『鳥取の俳人 尾﨑坡酔』を出したわけ 小山貴子
11月 俳句と私 桑田和子
10月 句集のすすめ 外山安龍
9月 松茸 西原和孝
8月 大いなる未完の人 藤川游子
7月 近頃、俳句に思うこと 米岡隆文
6月 悪筆三銃士 藤本 晉
5月 「丹波百谷」俳句の今昔 大谷茂樹
4月 おいしいアニミズム 三好つや子
3月 小海線のおにぎり 大城戸ハルミ
2月 はじめて通る道 谷川すみれ
1月 旅をする蝶 吉田 成子

◆2016年

タイトル 作 者
12月 命綱の結び方 花谷  清
11月 初学のこと 丸山 景子
10月 チョコを食べるのをやめてしまった 久留島 元
9月 灸花 志村 宣子
8月 野風呂岬を訪ねて 鈴鹿 呂仁
7月 弘前城の曳屋工事と甥の結婚式 綿貫 伸子
6月 技能・芸能の霊性と歴史性 熊川 暁子
5月 芭蕉終焉の地 森  一心
4月 近江富士 村井 隆行
3月 イチローと多作多捨 木村オサム
2月 田圃のことなど 久保 純夫
1月 手間暇ということ 宇多喜代子

◆2015年

タイトル 作 者
12月 堺大仙公園の日本庭園平成曲水の宴 谷下 一玄
11月 難病と闘いながら 政野すず子
10月 島の眺め 田宮 尚樹
9月 神戸北野坂界隈とジャズ 西川 吉弘
8月 豊かな時間 西谷 剛周
7月 戦後70年に思うこと
―飾らず、逞しく生きたい―
藤井冨美子
6月 住み心地のよい雑居ビル 辻本 冷湖
5月 生存証明 出口 善子
4月 集中治療室 小泉八重子
3月 それそれ神 辻本 孝子
2月 十年日記 森田 智子
1月 十二月のスーパーマーケットで 宇多喜代子

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年