関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


6月18日
第2回「上方きめら句会」のお誘いを掲載しました
6月1日
青年部のページを更新しました。
6月1日
今月のエッセイに、横井来季さんの「今後」を掲載しました。

>>その他新着情報


2021年6月のエッセイ

今後

横井来季

 句集を読むという行為は、その人の作句に多かれ少なかれ影響を与える。よく言われることだが、俳句をはじめたばかりのときのことを思い出すと、その言葉の説得力を再認識する。

 私が初めて読んだ句集は高校の文学部の顧問から借りた(と言っても、主体的に借りたというよりかは、私たちに俳句の勉強をさせるために顧問が借りるように誘導したというのが正しいのだが)、『六十億本の回転する曲がつた棒』だった。

 読んだ感想としては、よくわからない、というものだった。その句集を読むまでは、俳句とは五七五の音律の季語を入れた伝統詩、という認識だった。しかし、この句集の句群は五七五でないものも、季語がないものも、伝統的でないものもある。私の中の俳句像が崩れたときである。

 当時は、意味はよくわからないものの、句群のインパクトに魅せられていた。特にカタカナと漢字だけの俳句で構成されている連作、「マクデブルクの館」に引かれていたと思う。今読み返してみると、よくも悪くもベールが剥がれたような印象で、自分の目が肥えていることに気づく。まず、カタカナと漢字だけで構成されている連作は先例があり、その形式だけでインパクトがあると評価するには弱いということ、また、全体的に遊び心やサブカルに偏っている印象もある。ただ、当時は気づかなかった秀句(<鷹は鳩我は扉となりゆくや>や<ヘルパーと風呂より祖母を引き抜くなり>など)に気づけるようになったということは喜べる。

 話は変わるが、私が受賞した俳誌協会新人賞の連作の中に、<海苔照るやブルースクリーンの点滅に>という句がある。この句について、句友のWが、「どことない終末感があり、関悦史の作風に似ている」と評価した。〇〇に似ているという評価はあまり嬉しいものではないが、確かに、言われてみれば影響を受けているように思える。と言っても、この句をつくる際に、関悦史の句を思い浮かべたわけではないため、無意識レベルで影響されているということだろう。

 さて、過程のことをつらつらと書いてきたが、要するに、今後は一俳人として他の俳人からの影響を時には受け止め、時には振り払っていきたい、ということが結論である。今後も他人の俳句は読んでいく。それは純粋に楽しみのためでもあるし、勉強のためでもあるし、インスピレーションのためでもある。その際、その俳句から自分の俳句に何らかの影響があっても、元来人間は他者と影響しあうものだから、それ自体は仕方のないことである。音楽や美術から影響を受けて作句することと大差はない。ただ、その影響を自分でコントロールする能力が、今後の俳句生活に絶対に必要になってくると思うのだ。

(以上)

◆「今後」:横井来季(よこい・らいき)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2021年

タイトル 作 者
5月 北国の春 音羽和俊
4月 屋根と花 小西雅子
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年