関西現代俳句協会

関西現代俳句協会トップページ


9月10日
かみがた通信句会投句フォームを設置しました
(投句締切10月15日 23:59)
9月10日
中村遥・星野早苗両氏が第22回現代俳句協会年度賞を受賞されました。
9月5日
青年部主催講演会「知られざる俳諧説話の世界」期間限定公開(9月30日まで)

>>その他新着情報


2021年9月のエッセイ

峰定寺と日本一の花脊の杉

仲井タミ江

 大悲山峰定寺(ダイヒザンブジョウジ)は山伏の本山聖護院の門跡で、京都の市街地から北へ40キロ程あり広河原美山線の鞍馬街道を経て杉の木洩れ日の中の花脊峠を越え更に20キロ奥の山中にあります。

 峰定寺は古来山伏の行場であって峰や谷にも石楠花が自生郡落し修験の山らしく霊気が漂います。石楠花の名所で4月末には山桜と石楠花が相俟って心癒されます。

 平安末期の久寿元年(1154年)創建で鳥羽天皇の勅建で造営奉行が藤原信西(シンゼイ)で工事雑掌は若き日の平清盛の援助に観空上人が創立し、観空上人は又三滝上人と謂れ「近代無双行者」と言われました。名僧で天皇の帰依が大変篤かった。

 寺谷川の流れに沿う参道に石楠花と山桜が色を添えます。山門には藤原時代の仁王像を祀り門前に高野槙が聳え400段の磴を登りつめた所に懸崖造りの観音堂が建ち、森閑とした杉木立を縫う風は清々しく別天地である。

 観音は精巧な切金細工の小像で彫刻と言うより工芸品に近いものです。

 鳥羽天皇、後白川法皇の帰依が篤かった関係か寺の山中に鬼界ケ島に遠流された俊寛やその妻子の供養塔が建っており、峰定寺の奥の滑谷(なめらだに)に俊寛の妻子達が潜んでいた伝説があります。又平家落人の謂れも多々あります。谷奥深く落人達が隠れ住み平重盛の遺族もかくれたという記録もあり、平家一族の墓と伝える石塔も残っています。八桝(やます)の里には最近まで平重盛の木像が祀られていたらしいです。

 古刹峰定寺の花脊の三本杉は寺領の奥の大悲山国有林内にあり、地域の御神木として昔から信仰の対象となっていました。江戸時代中期(1787)年に刊行された「拾遺都名所図会」の中でも「大木にして又類稀なり」と記されています。樹高が高いことで知られていました。2017年11月28日林野庁京都大阪森林管理事務所が測定したところ東幹の樹高62.3m幹周り639cm、北西幹60.7m幹周り615cm、西幹57.2m幹周り608cmあり、東幹の杉の樹高が日本一であることが確認されました。残りの2本も日本2位と日本5位と3本共に日本屈指の高さを誇っています。

 樹齢は千年とも言われています。三本杉の在る所は滋賀県と京都の県境の位置にあり豪雪地帯で冬期は古刹の峰定寺も閉じられます。秋の峰定寺の会式には大勢の山伏さんがみえ法螺の音にはじまる護摩炊きは勇壮盛大で一山が護摩煙で包まれます。

 峰定寺、三本杉の管理や清掃は有志の方々のお力で今日まで維持出来た事は大変有り難い事で、この宝物をこれからも地域一丸となって未来へ守って行きたい所存です。

    神木を常宿として囀れり    タミ江

(以上)

◆「峰定寺と日本一の花脊の杉」:仲井タミ江(なかい・たみえ)◆

  

■今月のエッセイ・バックナンバー

◆2021年

タイトル 作 者
8月 だまし絵としての「第二芸術」 鈴木ひさし
7月 僕と俳句 西田唯士
6月 今後 横井来季
5月 北国の春 音羽和俊
4月 屋根と花 小西雅子
3月 俳句とコミュニケーションについて 妹尾 健
2月 形見の餅 上森敦代
1月 新型コロナ時代の句会 岡田耕治

◆2020年

タイトル 作 者
12月 見るということ 石井 冴
11月 雪国と酒粕 村田あを衣
10月 窯神 山田 和
9月 夢ものがたり 三木星童
8月 縁―正岡家の人々 瀬川照子
7月 鶏の話 千坂希妙
6月 再会 江島照美
5月 八ヶ岳縦走記 植田かつじ
4月 水仙花 中村純代
3月 四郷の串柿 満田三椒
2月 学生結婚と情熱と言葉 衛藤夏子
1月 ひととせの蝶 鈴鹿呂仁

◆2019年

タイトル 作 者
12月 言葉に出会う 榎本祐子
11月 いまを生きる 山﨑 篤
10月 雅号の薦め 吉田星子
9月 「変容」について 金山桜子
8月 鯰と鼬 髙木泰夫
7月 レオン 横田明美
6月 茨木市、一つの俳句史 藤井なお子
5月 俳句に気を許す 塩見恵介
4月 あるコンサートで思ったこと 吉田成子
3月 初学のころ 久保純夫
2月 便船塚 おおさわ
ほてる
1月 観光公害 宇多喜代子

◆2018年

タイトル 作 者
12月 新とか旧とか 小林かんな
11月 三種の神器 出口 善子
10月 「卒業」の話 野住 朋可
9月 ヒロシマの首飾り 花谷  清
8月 朱夏のネアンデルタール人 柳川  晋
7月 一人がため 曾根  毅
6月 兜太氏と秩父の思い出 桂  凜火
5月 選のチューニング 小池 康生
4月 高野素十のコントラスト視点 橋本小たか
3月 式年開帳 蔵田ひろし
2月 わたしの俳句観 平田 繭子
1月 炉話のこと 宇多喜代子

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年